第58回日本肝癌研究会

一般演題21「化学療法10」

この動画を視聴する権限がありません。
事前参加登録 を行ったうえで、アクセスしてください。
第58回日本肝癌研究会

一般演題21「化学療法10」

この動画に関するお問い合わせ先

株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部

〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6F

お問い合わせフォーム https://help.medicalprime.jp/contact/

※テレワーク中のため、お問い合わせはフォームよりお願い申し上げます※

この動画の視聴回数は表示されません。

動画の内容について通報する

動画コンテンツに不適切な内容が含まれると判断した場合や、問題が見られる場合は以下に内容を入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

司会:

奥坂拓志(国立がん研究センター中央病院 肝胆膵内科)

 

O21-1  アテゾリズマブ・ベバシズマブ療法を施行中に急速な心嚢水貯留を認めた一例

室久剛(聖隷浜松病院 消化器内科・肝臓内科・肝腫瘍科)

 

O21-2  肝細胞癌に対するアテゾリズマブ+ベバシズマブ療法開始後にirAE による心筋炎を発症した1 例

岩崎秀一郎(北里大学病院 消化器内科学)

 

O21-3  アテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の免疫関連有害事象として膵炎および腸炎を併発した肝細胞癌の一例

奥村太規(信州大学医学部附属病院 消化器内科)

 

O21-4  免疫チェックポイント阻害薬による末梢神経障害の2 例

本吉康英(独立行政法人国立病院機構長崎医療センター 肝臓内科)

 

O21-5  進行肝細胞癌に対するATZ+BV 併用療法において治療前mALBI グレードは治療効果と治療中断に関連する

田中崇(福岡大学病院 消化器内科)