第58回日本肝癌研究会

一般演題12「血管内治療1」

この動画を視聴する権限がありません。
事前参加登録 を行ったうえで、アクセスしてください。
第58回日本肝癌研究会

一般演題12「血管内治療1」

この動画に関するお問い合わせ先

株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部

〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6F

お問い合わせフォーム https://help.medicalprime.jp/contact/

※テレワーク中のため、お問い合わせはフォームよりお願い申し上げます※

この動画の視聴回数は表示されません。

動画の内容について通報する

動画コンテンツに不適切な内容が含まれると判断した場合や、問題が見られる場合は以下に内容を入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

司会:

鳥村拓司(久留米大学医学部内科学講座 消化器内科部門)

 

O12-1  Ramcirumab+TACEにより肝病変が制御できた肝細胞癌の一例

児玉芳尚(手稲渓仁会病院 放射線診断科)

 

O12-2  再発肝細胞癌に対しTACE,レンバチニブによりCR となった1 例

松居剛志(手稲渓仁会病院消化器病センター)

 

O12-3  TACEを施行した肝細胞癌症例における初回効果判定での完全奏効に寄与する因子の検討

東 瀬菜(大阪国際がんセンター 肝胆膵内科)

 

O12-4  Intermediate stage におけるTACE 不適を予測する簡易スコアの提唱

闍彌一貴(総合病院国保旭中央病院消化器内科,RELPEC)