第58回日本肝癌研究会

一般演題10「化学療法3」

この動画を視聴する権限がありません。
事前参加登録 を行ったうえで、アクセスしてください。
第58回日本肝癌研究会

一般演題10「化学療法3」

この動画に関するお問い合わせ先

株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部

〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6F

お問い合わせフォーム https://help.medicalprime.jp/contact/

※テレワーク中のため、お問い合わせはフォームよりお願い申し上げます※

この動画の視聴回数は表示されません。

動画の内容について通報する

動画コンテンツに不適切な内容が含まれると判断した場合や、問題が見られる場合は以下に内容を入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

司会:

畑中健(群馬県済生会前橋病院 消化器内科)

 

O10-1  非切除肝細胞癌に対するレンバチニブ療法後の血清一酸化窒素レベルの変化と治療効果に関する検討

魚嶋晴紀(北里大学病院 消化器内科)

 

O10-2  肝予備能からみた切除不能肝細胞癌に対する分子標的薬一次治療の成績

内川慎介(広島大学病院 消化器・代謝内科)

 

O10-3  多発肝細胞癌に対してレンバチニブ導入後早期に腫瘍内出血をきたした一例

秋山淳(東京都保健医療公社豊島病院 消化器内科)

 

O10-4  TACE抵抗性肝細胞癌再発に対してレンバチニブ投与後肝切除を施行した1 症例

加藤一哉(大阪大学大学院医学系研究科外科系臨床医学専攻外科学講座 消化器外科学)