第58回日本肝癌研究会

一般演題9「化学療法2」

この動画を視聴する権限がありません。
事前参加登録 を行ったうえで、アクセスしてください。
第58回日本肝癌研究会

一般演題9「化学療法2」

この動画に関するお問い合わせ先

株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部

〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6F

お問い合わせフォーム https://help.medicalprime.jp/contact/

※テレワーク中のため、お問い合わせはフォームよりお願い申し上げます※

この動画の視聴回数は表示されません。

動画の内容について通報する

動画コンテンツに不適切な内容が含まれると判断した場合や、問題が見られる場合は以下に内容を入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

司会:

正木勉(香川大学医学部 消化器・神経内科)

 

O9-1  多発肝細胞癌に対する免疫チェックポイント阻害剤投与により自己免疫性脳炎を発症した1 例

野村頼子(国立病院機構九州医療センター 肝胆膵外科)

 

O9-2  肝細胞癌に対するアテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法による出血性胃十二指腸潰瘍の1 例

片岡祐俊(島根大学医学部附属病院 肝臓内科)

 

O9-3  アテゾリズマブ・ベバシズマブ併用療法中に副腎皮質機能低下症を合併した切除不能肝細胞癌の一例

阿部珠美(岩手医科大学内科学講座 消化器内科肝臓分野)

 

O9-4  当院におけるアテゾリズマブ+ベバシズマブ併用療法の副作用の検討

出口章広(香川労災病院)

 

O9-5  進行肝癌に対するAtezolizumab+Bevacizumab 併用療法はSorafenib 療法に比べ導入早期の骨格筋量が維持される

宇野女 慎二(岐阜大学医学部附属病院 第一内科)