一社)日本災害看護学会 第23回年次大会

IK3 未来へつなぐ若手アカデミープロジェクトの挑戦

この動画を視聴する権限がありません。
事前参加登録 を行ったうえで、アクセスしてください。
一社)日本災害看護学会 第23回年次大会

IK3 未来へつなぐ若手アカデミープロジェクトの挑戦

この動画に関するお問い合わせ先

一社)日本災害看護学会 第23回年次大会 大会事務局
長岡崇徳大学
〒940-2135 新潟県長岡市深沢町2278番地8

 

一社)日本災害看護学会 第23回年次大会 運営事務局
株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部
〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6F
E-mail: jsdn23@sunpla-mcv.com

 

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策ため、運営事務局(株式会社サンプラネット)ではテレワークを実施しております。
お問い合わせはE-mailにてご連絡くださいますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

この動画の視聴回数は表示されません。

動画の内容について通報する

動画コンテンツに不適切な内容が含まれると判断した場合や、問題が見られる場合は以下に内容を入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

【概要】

 日本災害看護学会若手アカデミープロジェクトは、2019年度より立ち上げ準備を始め、2021年度より正式に学会の活動として採択された。本プロジェクトは、若手の教育・研究・実践のネットワークを形成しながら、災害看護の課題や成すべき事業についての提言等を行うことを目的としている。

 これまで、本プロジェクトは、平時であれば助かるはずの「災害関連死」に注目し、今後の大規模災害発生時にそれらを防ぐために、平成28年熊本地震における災害関連死の実態と看護職による支援活動について調査を行い分析し、必要な看護支援を検討してきた。その結果、発災後の自宅や社会福祉施設では看護支援の需要が高い一方で供給は少なく、災害関連死のリスクが高いことが明らかとなった。したがって、病院や避難所のみならず社会福祉施設や在宅を含めた保健医療福祉ニーズに対する統合的支援を急性期から継続的に行うことが必要であり、その看護支援体制の構築及び関連組織との連携や、看護職の災害関連死についての知識とケア習得のための標準アセスメントと継続フォローアップシステムの開発が急務であり提言を行った。また、本プロジェクトは、これらを基盤とし、日本災害看護学会COVID-19災害プロジェクトの中で、軽症者宿泊施設マニュアルやセルフケアガイドの作成に携わり、医療機関におけるCOVID-19対応に着目した研究を進めており、多様で複雑な災害における新たな課題についてまとめているところである。

 本プロジェクトは活動開始から2年を経るが、このような活動経緯を踏まえ今後更なるネットワーク及び事業の拡大を目指す。

 

【ねらい】

これまでの活動を報告し、災害看護の未来に向け、若手の教育・研究・実践として今後取り組むべき課題やその方法について、活発な意見交換を行う機会としたい。また、プロジェクト拡大に向け、今後の新たなメンバーのネットワーク形成の機会とする。多くの若手の皆様のご参加をお待ちしております。

 

【日本災害看護学会若手アカデミープロジェクトの要件】

 本学会員であり、45歳未満の博士課程・修士課程修了者またはそれと同等の者で、災害看護に関する教育・研究者およびCNS等実践家であり、未来の災害看護の課題に取り組む意欲のある者。ご関心のある方は、jsdn-ya2019@googlegroups.com にいつでもご連絡ください。

 

宮前 繁

一般社団法人日本災害看護学会若手アカデミープロジェクト 東京医科歯科大学医学部附属病院