一社)日本災害看護学会 第23回年次大会

O5-9 運搬時の疲労から考える家庭に備える非常用給水袋の選び方の提案

この動画を視聴する権限がありません。
事前参加登録 を行ったうえで、アクセスしてください。
一社)日本災害看護学会 第23回年次大会

O5-9 運搬時の疲労から考える家庭に備える非常用給水袋の選び方の提案

この動画に関するお問い合わせ先

一社)日本災害看護学会 第23回年次大会 大会事務局
長岡崇徳大学
〒940-2135 新潟県長岡市深沢町2278番地8

 

一社)日本災害看護学会 第23回年次大会 運営事務局
株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部
〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6F
E-mail: jsdn23@sunpla-mcv.com

 

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策ため、運営事務局(株式会社サンプラネット)ではテレワークを実施しております。
お問い合わせはE-mailにてご連絡くださいますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

この動画の視聴回数は表示されません。

動画の内容について通報する

動画コンテンツに不適切な内容が含まれると判断した場合や、問題が見られる場合は以下に内容を入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

・近年、長期断水に伴う応急給水車の利用が増えています。また高齢者や高齢者の単身世帯が増える中、高齢者自らが水を確保することが今後さらに求められます。

高齢者に備蓄水や水を運搬するための用品の準備を促すためには、地域で活動する看護師、リハビリテーション関連職種などが声をかけていくことが重要と考えます

・家庭に備蓄しておく給水袋の種類を高齢者が検討したり、こちらからアドバイスをする場合の参考情報になるよう、模擬環境下ですが給水袋を運搬した際の身体の疲労度を測定し、体力と給水袋の選び方の関係を提案させていただきました。

日下さと美

東京工科大学 医療保健学部 リハビリテーション学科 理学療法学専攻

略歴

東京工科大学医療保健学部リハビリテーション学科 理学療法学専攻講師

理学療法士