一社)日本災害看護学会 第23回年次大会

O4-4 地域連携による介護施設の災害対応力向上支援技術開発 ~長岡HAPPY支援プロジェクト~

この動画を視聴する権限がありません。
事前参加登録 を行ったうえで、アクセスしてください。
一社)日本災害看護学会 第23回年次大会

O4-4 地域連携による介護施設の災害対応力向上支援技術開発 ~長岡HAPPY支援プロジェクト~

この動画に関するお問い合わせ先

一社)日本災害看護学会 第23回年次大会 大会事務局
長岡崇徳大学
〒940-2135 新潟県長岡市深沢町2278番地8

 

一社)日本災害看護学会 第23回年次大会 運営事務局
株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部
〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6F
E-mail: jsdn23@sunpla-mcv.com

 

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策ため、運営事務局(株式会社サンプラネット)ではテレワークを実施しております。
お問い合わせはE-mailにてご連絡くださいますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

この動画の視聴回数は表示されません。

動画の内容について通報する

動画コンテンツに不適切な内容が含まれると判断した場合や、問題が見られる場合は以下に内容を入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

長岡市では「長岡介護イノベーションハブ(介護ハブ)」を2018年度より開始し、地域連携により介護施設単独では困難なIT/IoT/ロボット導入(技術開発を含む)を支援している(文献[1])。本稿では、介護ハブで実施されている地域連携によるイノベーション推進手法=長岡モデルを、介護施設の災害対応力向上支援技術開発に適用する活動を報告する。

木村哲也

長岡技術科学大学 システム安全工学専攻

略歴

1995 年東京工業大学後期博士課程中退.神戸大学助手,大阪府立大学助手を経て,2001 年より長岡技術科学大学准教授となり現在に至る.災害対応ロボットの開発・社会実装を標準化・安全規格化の観点から研究。2020年災害対応ロボットの開発と安全・安心な実用化に向けた取組など防災体制の整備活動に関して防災功労者内閣総理大臣表彰。日本ロボット学会等の会員。