一社)日本災害看護学会 第23回年次大会

O3-1 「地域防災に関するメッセンジャー」としての訪問看護ステーションの看護師の可能性について

この動画を視聴する権限がありません。
事前参加登録 を行ったうえで、アクセスしてください。
一社)日本災害看護学会 第23回年次大会

O3-1 「地域防災に関するメッセンジャー」としての訪問看護ステーションの看護師の可能性について

この動画に関するお問い合わせ先

一社)日本災害看護学会 第23回年次大会 大会事務局
長岡崇徳大学
〒940-2135 新潟県長岡市深沢町2278番地8

 

一社)日本災害看護学会 第23回年次大会 運営事務局
株式会社サンプラネット メディカルコンベンション事業部
〒112-0012 東京都文京区大塚3-5-10 住友成泉小石川ビル6F
E-mail: jsdn23@sunpla-mcv.com

 

新型コロナウイルス感染症の感染防止対策ため、運営事務局(株式会社サンプラネット)ではテレワークを実施しております。
お問い合わせはE-mailにてご連絡くださいますようお願いいたします。
ご不便をおかけいたしますが、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

この動画の視聴回数は表示されません。

動画の内容について通報する

動画コンテンツに不適切な内容が含まれると判断した場合や、問題が見られる場合は以下に内容を入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

訪問看護ステーション勤務の看護師(訪問看護師)には、潜在的顕在的に災害リスクの高い生活をせざるを得ない利用者とその家族に対して、「地域防災の風」、すなわち、災害リスクとどう向き合い、何をどう解決していけば良いのかを伝えてくれ、必要があれば、助っ人につなげる役割を期待できるのではないか。そのようなアイディアを述べさせていただきます。

小村隆史

常葉大学 社会環境学部 防災・地域安全コース

略歴

1989年 防衛庁(当時)防衛研究所助手

1999年 同主任研究官

2000年 富士常葉大学環境防災学部専任講師:日本で最初の防災学部を持つ同大学の創立メンバーとして立ち上げに参加

2005年 同助教授

2007年 制度改正により准教授

2010年 組織改編により富士常葉大学環境防災学部⇒社会環境学部へ

2013年 組織改編により常葉大学社会環境学部准教授 今日に至る