この動画を視聴する権限がありません。
事前参加登録 を行ったうえで、アクセスしてください。
一社)日本災害看護学会 災害看護教育活動委員会企画セミナー COVID-19感染症の教訓から学ぶ 新興感染症への「備え」

精神看護CNSの立場から

この動画に関するお問い合わせ先

一社)日本災害看護学会 災害看護教育活動委員会 教育セミナー担当

saigaikango2018@gmail.com

この動画の視聴回数は表示されません。

動画の内容について通報する

動画コンテンツに不適切な内容が含まれると判断した場合や、問題が見られる場合は以下に内容を入力の上、送信ボタンをクリックしてください。

【学 歴】

1991年3月 北里大学 看護学部卒業
2000年3月 兵庫県立看護大学看護学研究科博士前期課程修了
2020年9月 和歌山県立医科大学大学院医学研究科医学博士学位取得

【職 歴】

1991年4月 北里大学病院
1994年4月 日本赤十字社和歌山医療センター
1996年4月 和歌山県立医科大学看護短期大学部 助手
2000年4月 和歌山県立医科大学附属病院看護部精神看護専門看護師
2008年4月 和歌山県立医科大学保健看護学部 精神看護学 講師
2015年4月 同 精神看護学 准教授
2018年4月 和歌山県立医科大学看護キャリア開発センター
副センター長・臨床教育准教授・精神看護専門看護師
2021年4月 大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻 教授(現在に至る)

【著 書】

武用百子(編著):いまどきナースのこころサポート,メヂカルフレンド社,2019.
武用百子(単著):部下を持ったら必読 看護現場のメンタルヘルス支援ガイド,日経BP社,2016.他

【COVID-19関連雑誌投稿】

  • 武用百子,寺岡征太郎,岩切真砂子,他:看護スタッフのCOVID-19関連ストレスのメンタルサポート 現場の看護管理者が考えるべきこと・すべきこと(前編),ナースマネジャー 22巻5号,89-94,2020.
  • 武用百子,寺岡征太郎,岩切真砂子他:看護スタッフのCOVID-19関連ストレスのメンタルサポート  現場の看護管理者が考えるべきこと・すべきこと(後編),ナースマネジャー 22巻6号,88-94,2020.
  • 寺岡政太郎,武用百子:コロナ禍における看護師の疲労の実態,看護のチカラ(産業労働総合研究所),6-17,No553,2021.
  • 寺岡政太郎,武用百子:Part 1 COVID-19流行下において看護師が実践できるメンタルヘルスケア, vol.67 No.1,12-16,2021.
    Part2 場面別看護師が実践できるメンタルケア (以下の項目も編集)
    奥野史子:COVID-19感染患者に対応する際に生じる, 様々な思いを押し殺しながら勤務している場面
    杉野里美:偏見や誹謗中傷による傷つきを引きずっている場面
    田辺有理子:組織に守ってもらえず,管理者に対する怒りがおさまらない場面
    竹原歩,小林佐和枝:「家族を感染させるのではないか」と不安で夜眠れない場面
    佐伯幸治:COVID-19にかかわりたくないと考える自分は, 看護師として失格だと感じてしまう場面
    野村優子:長期化する状況のなか,疲労が蓄積されていく場面(バーンアウト)
    ⼭⽥顕⼦,武用百子:持病や家庭の事情があり,COVID-19感染患者への看護が実践できないことを
    ⼼苦しく思う場⾯
    河野伸子:新設されたCOVID-19専門病棟に参集されたが,スタッフ間の人間関係がぎくしゃくしている場面
  • 武用 百子

    大阪大学大学院医学系研究科 保健学専攻 教授